交通事故治療

交通事故に遭われた方はこちら

みどり整骨院では、交通事故のけがも専門的にあつかっており、自己負担金のかからない自賠責や、任意保険での施術が可能です。
病院への通院を続けながら、当院で治療を受けることも問題ありません。
これまでも当院で治療を受け、病院で定期的にフォローアップされて、多くの方が軽快しています。
みどり整骨院では、病院との連携で患者さまの痛み、悩み、不満を解消するお手伝いをさせていただきます。

交通事故治療のながれ 基本的なながれとしまして事故に遭った時は・・・

  1. 必ず警察に110番通報!

    事故直後は気が動転して、何をすべきかわからなくなることがあります。
    事故の状況内容を警察を通して記録に残すことが大切です。
    警察に事故を報告し、「交通事故証明書」を発行してもらいます。自賠責保険には、この証明書が必要になります。

    示談はしないこと!!
    お互いにたいしたケガがなく、「現場検証に時間をとられ、面倒だからと内々で済ませましょう」と話をした数日後から痛みが出てくる場合があります。またご自身が無症状でも、相手方に症状が出てくる場合もあります。

  2. 必ず病院で検査しましょう!

    事故後、病院でレントゲンやCTなど必要な検査を受けて診断書をもらってください。
    通常、診断書は警察に届ける際に必要となりますのでコピーをとっておくことをおすすめします。

  3. 保険会社に連絡し、当院で交通事故の治療を受けることを伝えてください!

    診断書の負傷部位に対して、手技療法や特殊技術を使って外傷に対するアプローチをしていきます。

    保険会社に連絡

交通事故の治療は集中的に!

肩こり 腰痛

損害保険会社では一般的に「通院していない人は治った人」とみなします。
たとえ痛みが残っていても、忙しくて治療に通えない場合は保険会社は「完治した」と判断する場合があります。ですから事故の治療は集中的に通って治すことが第一になります。
忙しさのため痛みを我慢してしまい、ある程度時間が経ってから通院し始めると、症状と交通事故の因果関係が疑われる可能性があります。
たとえ症状が小さくても事故直後から集中的に来院し、治療を受けてください。
また、交通事故の影響で仕事を休む場合は、休業損害を保険会社へ請求できます。
通院にかかる交通費などの領収書は大切に保管しておいてください。
その他、何かわからないことがありましたら、当院へご相談ください。